借金返済への道

書籍の宣伝チラシ、繁華街に配布されたビラやDMで「多重債務の効率化任せなさい」「多重借金を集約しませんか」といった売り言葉を見かけることが多いです。

そのようなものは、「整理業者」「買取専門屋」「紹介者」という通称の会社の嘘広告のケースが存在します。

それらを依頼したときには自己破産の流れの中で免責認定をもらえない危険が存在します。

「整理屋」は、ダイレクトメールなどで多重債務者を引きつけ、すさまじい依頼料を出させて整理をしますが整理は行われないで、当人はより一層の負債スパイラルに堕ちてしまうときが大方と思われます。

「買取業者」というのは、負債人のクレジットカードで、家電、何らかのチケットなどを大量に購入させ債務者からその品物を販売額の3割~額面半額で買い上げるという手段をとっています。

負債者は短期には現金が手に入れられますが少しすればクレジット企業からの商品の売値の催促が届き、結局は借金額を上乗せすることになってしまいます。

この場合はクレジットカード企業へ詐欺に当たるとされてしまい免責許諾を手に入れられません。

「紹介業者」というのは有名な貸金業者から断られるようになった負債人に関して直接の提供はしないで、資金提供を受けられる関係無い企業を呼んで、紹介料をもらう会社です。

紹介屋は直接の手引きでお金を貸し出ししてもらったかに会話しますが、本当のところは何もしないでシンプルに審議の甘めのサービスを分かっているだけなのです。

実際のところ借金をアップさせるだけです。
借金 精神科